鍵の束を管理するには

パスワードも鍵のひとつとして考えることができると思います。ウェブサイトの会員登録でパスワードを入力するとき、細かい指定が場所によって違うためになんとも歯がゆい思いをしたことはないでしょうか。文字数が違う、英字と数字を混合させるのか否か、と変わってきます。それによって違うパスワードを入力しなければならないので、頭の中で全て記憶するのは困難になってきます。鍵の束をジャラジャラさせているようなものです。どのサイトのキーか、ちゃんと記載してさえいれば、一本ずつ試すなんていう面倒なことは必要なくなります。

合言葉もそのひとつか?

関係者しかその場所に入れてはならない、そのために鍵があるならば、合言葉なんていうのもひとつとして含まれるかもしれません。相当に定義を拡大した感は否めませんが…。しかし合言葉なんて、紛失(忘却)してしまう恐れが高いうえに破損(誤って記憶)も起きるし、さらには非常に簡単に複製(伝聞)できるために、やってきた者が信用に足りる人間かどうか判別する手段としてはまったく心もとないものです。組織の構成員が多いから全員に鍵を配るわけにはいかないのでしょうが、こんな原始的な方法を使っている団体はもはやないでしょう。

新着情報

2012-11-12 鍵の紛失・盗難にが追加されました。
2012-11-12 鍵と犯罪への対策が追加されました。
2012-11-12 鍵を大切にする警備が追加されました。
2012-11-12 トップページが追加されました。

鍵のさまざまな形態情報